安部公房『砂の女』 


一、ストーリー
『砂の女』は一九六二年の安部公房の作品だ。
主人公の仁木順平は、昆虫採集に出かけた折に、ある砂漠の部落に閉じ込められる。
その部落において家を維持するためには、住民達はほとんど一日中、砂掻きをしていなければならない。
砂穴の底に監禁され、そこにある家と、そこにいる女のために労働することを強制される。
仁木は、砂穴を脱出しようと様々な方法であがく。
逃亡の失敗を繰り返した仁木はいつしかその家の生活に馴れる。
無意味に思えていた労働の中に「希望」を見出すようになる、というのが本編のあらすじである。
スポンサーサイト
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
04 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。