仲俣暁生、舞城王太郎『「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか』 

「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか 「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか
仲俣 暁生、舞城 王太郎 他 (2007/03)
バジリコ
この商品の詳細を見る


仲俣暁生、舞城王太郎、愛媛川十三による『「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか』を読んだ。
全体としては、ポップな小説を扱ったポップな文芸評論だと言えそうである。
2007年3月刊行。
軽く読み流せて楽しいエッセイ風の文章だ。
舞城王太郎と村上春樹を重視した文学観が、本書の評論の核としてある。
舞城、春樹の小説が嫌いで、濃厚な文学が好きだという方にはお薦めできない。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。