「外山恒一「野間易通 徹底批判」」についてのレビュー 

☆「外山恒一「野間易通 徹底批判」」http://www.warewaredan.com/noma.html についてのレビュー
・外山さんの立場が自分にはあんまりよく分からなかったのだけど、外山さんの運動における「反PC」のテーマの位置付けが明瞭になさてれていて興味深い。第一に、外山さんは、反管理教育の運動を出発点としていて、ここには反権威、反国家といった思想を胚胎するが、これらと同時に反PCの立場を取るのがファシズムだということなのだろう。反PC・反管理教育運動の実践において、自由の探求がなされているものとみなせる
・2013年の611原発やめろデモにおいて、ヘイスピ会が針谷議長登壇を糾弾した事件を、現在における、野間による佐藤悟志への糾弾とをパラレルに論じている。ヘイスピ会のようなPC思想の実践が、運動体の規模を縮小させるということは事実としてあるだろう。
・なるほど、反原連はヘイスピ会を切ることにより出発し成功した団体だ。しかし、かといって、統一戦線義勇軍と組んだ組織というわけではないだろう。結局のところ、左右の過激派を切り、中間層を取り込み、代々木系の運動体として、それなりの規模を形成したものだ。
・外山さんは在特界隈とちょっと近いのじゃないかと思っていたが、それは、両者が反PCをテーマとしているという共通点に拠っているものなのだろう。外見として「日本人の日本人による日本人のためのホモソーシャルな運動」だという類似性がある。外山さんの「我々」は「日本人男性」という種別に集中していそうなのだ。在特界隈はナショナリズムの運動であるが、外山さんは、半ばはアナキズムの、半ばはナショナリズムの運動であるように、結果として見える。
・後半のサブカルか、サブカルチャーかという話題についてはちと冗長に感じる。68年の運動は、半ばはPC的な、ベタなものと、半ばは、ネタ・メタ的な、反PC的な=ポストモダニズムの立場=サブカルチャーが入り混じったものだった。今の野間は、ヘイスピ会と同様のPC派へと変態しつつ、しかしサブカルも、さらには新左翼諸党派も盛んに批判するため、ヘイスピ会より厚かましくてウザイ感じの「オレ様」な、困った人になっているというお話、…ではありませんかね?
スポンサーサイト

かくれが「にゃんきちBAR」シリーズ総括 

☆かくれが「にゃんきちBAR」シリーズ総括

◯各回の模様
・0327金 研修回。お客様が少なく危機感を抱いた。
・0403金 バーテン仕事に不慣れであたふたする
・0417金 初めて「祝福カレー」を出す。食材を持って行ってお店で調理したら、オーダー受けてからお出しするまで恐ろしく時間がかかり反省。
・0501金 バンド「ペディキュア男子」のライブを行なう。超、相当、準備で苦労した。ツイキャスを観ていた方に「グダグダだったでしょ」とお叱りいただくが、本人的には手応えがあった。この路線で進んでも面白く展開できると思っている。でも、今は全く別のジャンルの企画が入ってしまったので、またバンド活動をやれるとしたら、うんと、ずっと、先になるかな…。
・0515金 カレーを出す
・0605金 「チョゴリBAR」をやる。「民族であるとか人種であるとかについては、そこまで考えずに、民族衣装に楽しく親しもう」みたいな企画はまたやりたいと思っている。ダメですかね…?
・0619金 国会前行動のデモ割をする。 カレーを出す
・0703金 『日之丸街宣女子』読書会をやる。個人的には得られたものが大きかった。人生の指針を与えられるくらいのインパクトがあった
・0717金 反社会人サークルさまとツイキャスをする。カレーを出す

◯総括
・にゃんきちBARは松平が女装をしてバーテンを行なう「女装子BAR」企画である。7月17日をもって、かくれがさまでのにゃんきちBAR企画を卒業させていただいた。
・3月末に一回の研修に入ったのち、4ヶ月間で8回のバーテンを行なった。のべ70名さまほどの接客をする。総売上はゴニョゴニョで、私の企画の中では、かなり健闘した部類のシリーズだったか。
・しかし、あなたの企画はまったく面白くないとお叱りをいただくことなどもあった。また、私は共感能力の欠落した障害者であるため、身の周りの人様の気持ちが分からず、失敗だった可能性もありそう。分からない
・ベジタリアンのダルカレー「祝福カレー」を4回準備し、計9食をお召し上がりいただく。調理法及びケータリングのやり方で随時改良を行なった。
・「バーテン・料理人」と「イベンター」、2人がコンビになることで、イベントの場が作られる。イベンターとしてのキャリアは私は少しはあったけれども、バーテンについてはキャリアが弱く、今回はバーテン側の仕事について相当な勉強になった。「連続9本勝負」みたいな。
・経営の観点からの、地方と結びついたコミュニティ運動体について、検討するためのデータが多く得られたのは貴重な体験だった。既存の左翼BAR店長さんたちの活動家としての優秀さを改めて認識した。
・いぶし銀な年輩の活動家さまとの会話などにて、刺激を受けることがあった。この人は好きだなあと思える同世代の若者にも出会えて良かった。
・女装子BARは楽しいので、時期を改めて第二シリーズに取り組むかも。まずは8月末の某企画と、10月の就活を優先させなければならないけれども。

【イベント】「ロウドウボドゲトーク大会」 

【イベント】「ロウドウボドゲトーク大会」
※転載歓迎
◯日時 7月17日金 19時開場
◯場所 日吉かくれが @Hiyoshikakurega 横浜市港北区日吉本町1-1-9 大勝軒2階
◯話し手 @noir_k、 @2tar、松平耕一、@matudira 他?
◯内容 労働をテーマにした社会派同人誌「ロウドウジン」を発行している「反社会人サークル」http://d.hatena.ne.jp/hanshakaijin/ の方を招きます。ボードゲームをやりながら労働問題についてトークします。ツイキャス配信するので見てね!
◯ツイキャス「matudairaさんのライブ」 http://twitcasting.tv/matudaira/
◯主催 にゃんきちBARwith反社会人サークル
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。