『脱構築とプラグマティズム―来たるべき民主主義』 

脱構築とプラグマティズム―来たるべき民主主義 (叢書ウニベルシタス) 脱構築とプラグマティズム―来たるべき民主主義 (叢書ウニベルシタス)
ジャック デリダ、サイモン クリッチリー 他 (2002/07)
法政大学出版局
この商品の詳細を見る


デリダの著作は非カント的であり、ヘーゲル『精神現象学』的であり、「真実」ではなく「物語」を選んだものなのか

デリダはプルースト的か

デリダにとって「正義」とは何か

書物はテクストにとってかわられるべきなのか

デリダの形而上学批判に意味はあるのか
(日本には、もともと形而上学がない)

キルケゴールにおける「決定」とはなにか

主体は「決定」において成立するのか

「決定」とは、「神」になることなのか(ラクラウ『現代革命再考』)

脱構築は、議論を重視しているからこそ行なわれる、といえるのか

デリダの論は私的なものか

デリダの論は、アイロニカルか

デリダの論には、政治的な実効性が本当にあるのか

デリダの論では、私的なものと公的なものはどう接続しているのか

文学は歴史の新しい公的制度なのか

文学は、法律等の慣習に、支配された制度なのか

超越論的な問いは、文学においてこそ発することができるのか

しゃべることには、「自己を信じろ」というメシア的メッセージが、否応無く含まれるものなのか

愛や友情は、本来的に異性愛的なのか

女性間には友愛はなく、男性間にしか友情は存在しないといえるのか

男根ロゴス中心主義とは何か(→ローティ『友愛の政治』)

来たるべき民主主義とは何か
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。