NHK出版『思想地図』 

某様に教えていただいたのだが、「NHK出版 『思想地図』(仮題)論文公募のお知らせ」というのが行われているらしい

NHK出版は「若手論客の論文・批評を収載する思想誌『思想地図』(仮題)を、NHKブックスの別巻として2008年春に創刊」する
そして、「通常の依頼原稿のほか公募枠を設け、既成のディシプリンに囚われない清新な視点で「日本」を捉える論文を募集」するとのこと
『思想地図』は批評家の東浩紀氏と社会学者の北田暁大氏の共編であるということだ
今を時めくお二人が、NHK出版と組んでお仕事をなさる
その成果が大いに期待されるところだ

『思想地図』の「第一号のテーマは「日本」」とのこと
東氏の出した課題は「日本語で思考することの意味を問う」というものらしい
東氏による「公募課題に寄せて」では以下のことが指摘されている

・「1990年代以降、思想の言語はほぼ英語に統一された」
・「いま日本の批評的な言説は、国内独自の発展を遂げ、国外との連携を急速に失い始めているように思われる」
・「もしかしたら私たちは、いま、たいへん思想的に豊かなのだが、しかし、ただ日本語で書かれているという条件のためだけに、その豊かさが忘れられる運命にあるような、そのような袋小路の時代に入り始めているのかもしれない」
・「本誌が、これからかつての『批評空間』派のようにグローバルな連帯を目指していくのか、それとも宮台真司や大塚英志のように足下の国内的な強度を目指していくのか、その方針は実は編集委員のあいだでも決まっていない」

日本思想界の現状分析として正しく、また、編集方針の打ち出し方としてフランクであり、なるほど、その通りなのかなと納得させられました
出版社にとっては、「売れることがすべて」でしょうし、そのためには「海外との連携」というのは、足手まといになることもあるでしょう
書き手の側としても、外国でも通用するようなものを書くのはひどく労力が必要であり、しかしその割には、バックしてくる利益が見込めるか、極めて怪しい
学問をやるのも、修羅の道ですね

東氏のお題「日本語で思考することの意味を問う」
これに関しては、「神」の問題の周辺が、私としては気になるところです
『存在論的郵便的』でいえば、「複数性」の問題ですね

「本誌編集委員の東浩紀と北田暁大の仕事には、1995年以降の日本の言論界にまったく無知な、国外の読者に簡潔に紹介することが難しいものが多数含まれている」
とも東氏は述べている
柄谷行人が著作集を、日本語版と英語版で同時に発行していたことを思い出しますね
その場合、英語に訳せて、かつ、簡潔に分かりやすいものとすることが狙われていたのでしょう
大変だな……

北田暁大氏の出したお題は、「日本社会論の新たなる可能性に向けて」というものだそうですね
「日本社会論」って、有象無象に、山ほど先行するものがあるし、オリジナリティのあるものを書くのは大変そうです
大澤真幸も、最近ナショナリズム論を出していましたね
本屋で平積みになっていたけれども、売れるのかな、あんな、ベラボーに分厚いもの……


「NHK出版」の今後と、『思想地図』がどのように展開されていくか、ぼくもチェックせざるをえないです
スポンサーサイト

「メタ日本論」で検索して出てきたのが
「『日本文化論』の変容――戦後日本の文化とアイデンティティー」
http://www.amazon.co.jp/dp/4122033993/
でした。
[ 2007/10/05 22:54 ] 木棚 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://literaryspace.blog101.fc2.com/tb.php/151-0a9f61b9

個人主義の鼓吹や、基本的人権の尊重、法の下の平等、公共の福祉に反しない限りでの個人の自由の尊重など、当時まだ大日本帝国憲法が発布されるかされないかという時期において、既に日本国憲法の精神を先取りしてしまっている福沢諭吉の知性と教養には感嘆せざるを得ませ...
[2008/01/01 07:33] 思想の日
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。