「ヱヴァンゲリオン新劇場版:序」主題曲 

Beautiful World / Kiss & CryBeautiful World / Kiss & Cry
(2007/08/29)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る

「ヱヴァンゲリオン新劇場版:序」の主題曲「Beautiful World」は宇多田ヒカルが歌っている
作詞も宇多田
歌詞はこちら

エヴァに合っているとかいないとかで、賛否両論
アニメ版の「残酷な天使のテーゼ」
旧劇場版の「魂のルフラン」は、ともに名曲として名高い

宇多田の「Beautiful World」は、まあ、いつもの宇多田節である
それなりにいい曲だとは思うが、過去の宇多田の歌のツギハギのようでもある
これのどこがエヴァなんじゃい?
と、初めて聴いた人が思うのは当然であろう

「もしも願い一つだけ叶うなら
君の側で眠らせて
どんな場所でもいいよ
Beautiful world
迷わず君だけを見つめている」

サビのこのあたり
女性視点からの恋の歌である
この歌詞の内容など、これまでのエヴァのイメージからすると、まったくチグハグだ

なんでなんでしょ

一つには、「残酷な天使のテーゼ」も「魂のルフラン」も、エセ神話的というか、エセ宗教的というか、いわゆるセカイ系的イメージが強い
アニメ的、オタク的
「残酷な天使のように 少年よ神話になれ」ですから
相当ヤバイ歌である
ある種、電波系
それを堂々とやっちゃえる時代であったのだろうけれども

宇多田の曲は、それよりはるかに日常生活に近い
幾分か、セカイ系的なことはイメージされているようだが
彼女は、ソフトなマニアといった風に、エヴァに接しているみたい

……漫画の世界を夢見る、新聞は嫌い、自分は好きじゃない

歌詞にはそんなもやもやが表明されている
ヒーロー・ヒロインに対して、リアリズムの視点で接している

そもそも、エヴァンゲリオンの恋愛観も特徴的
基本的に男性視点の物語であった
シンジにとって、異性は遠くにあった
セックスの不可能性が、エヴァの主題ではなかったか
まともな性愛が提示されていないのである
レイプ風

宇多田の歌は、女性の側からのシンジへのアプローチとなっているようであり、その点でイロニカルである
また、宇多田はセカイ系の人というより、実際に世界で活躍しえているわけだし
二重に皮肉な感じはする

「ヱヴァンゲリオン新劇場版:序」での、旧作からのもっとも大きな変更点は、この曲の採用にありそう
次回作には宇多田が登場するという噂だし
大きな分岐点があることでしょう
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。