『群像』『新潮』2007年11月号 

○『群像』2007年11月号

・田中和生が『群像』2007年10月号に寄せた評論「フェミニズムを越えて」を笙野頼子が批判している
イキイキと輝いている笙野である
一人称が「俺」とかになる

痛々しさが、かわいさアピール
(≧ω≦)キュンキュン
田中の文章よりは起伏があり面白い
「フェミニズムを越えて」は、叩かれて当然
田中の意図も、『群像』編集部の意図も、それらの元となる論文を通したと聞く法政大学国文学会の意図も、イマイチ分からなかった
(追記:7月に行われた法政大学国文学会大会で、「フェミニズムを越えて」と内容の重なる部分のある講演が行われたとのこと)
しかし、フェミニストの人々を煽るためのものだったのかしら

『現代思想』でも、『文藝』でも笙野の特集を組んでいるみたいだが、面白いの?
東浩紀、桜坂洋の『キャラクターズ』もまとめて批判されている
ようは、お前ら二次元の女しか知らないのだろうというもの
みんなで仲良くやればいいのにね
でも、女とか男とかって、「言語的なもの」なんじゃないかと常々思う

・埴谷雄高『死霊』の構想メモが発見されたということで、全文が掲載されていた
読んでみると、「神」という概念が大きな鍵であったよう
やはりな
おれの思った通りだ
しかし、これ、普通の人が読んで面白いのか……?

・『死霊』未発表メモについて、鹿島徹と吉本隆明が文章を寄せている
今回見つかったものは、刑務所から出たのちの戦前のメモということで、マルクス主義に触れざるをえない
それで呼び出されたのが、鹿島徹と吉本隆明ということか
『群像』的に、声をかけやすいの、この二人……?
どういう基準なのかよく分からん
鹿島が、ちょっと入り組んだ考察をしているけれども
近現代文学研究の社会的意味というものは不可解だと、いつも思う
『ひぐらしのなく頃に』というゲームを、Web上では、尋常でなく細かく研究するオタクたちがたくさんいる
鹿島の文章を読んでいると、そんな美少女ゲームオタクたちの様相を彷彿とさせる
文学研究なんて、Webでやりゃあ、いい話なのかもしれない



群像 2007年 11月号 [雑誌]群像 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/06)
不明

商品詳細を見る


○『新潮』2007年11月号
・新潮新人賞発表、小説部門、高橋文樹『アウレリャーノがやってくる』
政治性のない島田雅彦みたいな小説
以前、ぼくは自分のブログで「破滅派」というWeb文芸サイトを批判した
しかし、「破滅派」の人が「破滅派」を題材に描いた小説が、この『アウレリャーノがやってくる』であった
まさか、そんなネタで『新潮』にねじこむとは
やるな……
流石だぜ、破滅派……
サイト制作のデザインセンスが秀逸だし、優秀な方たちがそろっているのだなと改めて認識させられた
『アウレリャーノがやってくる』を読むと、Webでの文芸作品発表にまつわる情報が多く載せられている
「Web文芸的なもの」をやりたい人は参考になるかもしれない
Webというものが、きちんとその潜在的な能力が生かされれば、「文芸誌」というものの存在意義が問われることになるだろう
しかし、選考委員たちは、「Web文芸」という問題の重要性について誰も指摘していない
それもどうかと思う
自分たちは別格だから関係ない、ということかな

悪いのは自分でない、世界だ
という破滅派の理念には共感する
しかし、破滅派は「破滅」具合が足りない感じがして、その点ががイヤだ
ちゃらちゃら破滅してる
もっと破滅を
新潮 2007年 11月号 [雑誌]新潮 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/06)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://literaryspace.blog101.fc2.com/tb.php/184-6d5ec247

今回は大江健三郎氏の情報ではなく、我らが破滅派について報告いたします。 高橋文樹さんの受賞により、顕著になりつつある破滅派の活動。 現在は文学フリマに参加することが決定...
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。