フロイト『精神分析入門』 

精神分析入門 (上巻) (新潮文庫)精神分析入門 (上巻) (新潮文庫)
(1977/01)
高橋 義孝、下坂 幸三 他

商品詳細を見る

第一講
フロイトの精神療法は言葉を重視する
・人間=身体+精神
しかし、精神的なもの≠意識的なもの
精神=意識+無意識
・性的衝動が神経症を引き起こす原因である
・性的衝動は、人間共同体においてはその大部分が犠牲にされていて、それらは、社会的に一段高い文化活動へと向けられる

第二講 失錯行為
・音関係、語の類似性、連想の影響が、言いちがえの一種の原因となる
・無意識的なものは、失錯行為と夢に観察できる

第五講
・睡眠は生物学的には休養であり、心理学的には世界への関心の中絶である。胎内生活へのひきこもりの状態である
・夢は、心が睡眠中にはたらきかけてくる刺激に反応する反応の仕方である
・夢は視角像であり、言葉に出して語ることは難しい
・夢と白日夢は近いものであり、利己的欲求、功名心、権力欲、エロスを内面で満足させるものである

第六講
・小児の夢は願望のあからさまな充足をもたらす
・夢は、昼における切望を内面で代行することにより、興奮を鎮め人を睡眠へと招く。夢は眠りの妨害者ではなく、保護者である

第九講
・無意識的要素に到達しようとしても、「抵抗」にあう。夢の「検閲」により、潜在夢は干渉され顕現夢へと変えられる
・善人とは、悪人が現実に行うことを夢に見て満足する人々のことである――プラトン

第十講
・夢に登場する事物は生殖器の象徴である
・象徴関係の本質は比較にある
・性的欲求が言語の発生に関与した

第十一講
・夢は思想や言葉を視覚的形象へと置き換える
・たとえば、姦通(ドイツ語)を骨折(似たドイツ語)に置き換える

第十三講
・夢は比喩的言語であり、象徴関係によっていて、思考言語の発達以前にあった、往古的、退行的な表現様式である
・夢は、愛するものに対する「死の願望」、「除去の願望」をかなえる
→エディプス・コンプレックス(→「象徴」機能による言語の発生?→カントの剥奪無?)
・小児にも性生活はある。種の限界、人間と動物のギャップを無視すること。汚穢の限界を越えること。近親相姦の制限を守らないこと。同性の限界を越えること。陰部のみでなく、多くの体部で快感覚を媒介するという多形性倒錯。などが特徴。(→それらを異性の性器へと一点化させていくことが、社会的な規律・訓練の一つとなっている)
・上記のような幼児的な性愛は、心生活には無意識のなかに滞留している

第十四講
・無意識における幼児的欲望→衝突←昼の残り物としての前意識
⇒夢は歪曲せられ、不安夢となる

第十五講
・夢の作業は夢の思想をプリミティヴな、絵文字に類した表現法に翻訳することである

第十八講
・神経症は知っているべきはずの心的過程を知らないでいることの結果に生じる
・病因を知ることで直すのが精神分析である

第十九講
・無意識/前意識/意識の三つに心的領域は分けられる
・リビドーは、ヒステリー症のときには積極的、願望充足的に、強迫神経症の場合は消極的、禁欲的に働く

第二十講
・性的倒錯はどう異性愛へと一極化されるのかについて

第二十一講
・性欲は生殖の目標に従属させられる
・神経症者が苦しめられる罪悪意識はエディプス・コンプレックスによるものであり、これが宗教と道徳の源泉である
・神経症者はエディプス・コンプレックスを越えられず、リビドーを見知らぬ性対象へ転移させられない

第二十二講
・「抑圧」とは、前意識的な体系に所属しているものが無意識的にされることである
・利己的な性的目標は「昇華作用」により社会的目標へと変えられる
・自己保存本能においては、対象を獲得しなければ個体は破滅する
・一方、性本能は、最初は対象の欠乏ということを知らない。そのため、他の身体的諸機能に寄生して、自己の身体で自体愛的に自己満足する。そのため社会的教育が必要となる
・人間は、快感へと走る快感原則のもとに動く。しかし、やがて快感獲得を先に延ばし、不快に耐えることを学ぶようになる。そして、現実原則に従うようになる
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。