住太陽『SEO検索エンジン最適化プロジェクト』 

SEO検索エンジン最適化プロジェクト―検索エンジンからのアクセスを最大化させるWebサイト構築手法の導入と実践 SEO検索エンジン最適化プロジェクト―検索エンジンからのアクセスを最大化させるWebサイト構築手法の導入と実践
住 太陽 (2003/07)
ディーアート
この商品の詳細を見る


SEOとは、検索エンジンでサイトを上位に表示させるための対策のこと。
サイト運営を商用で行うためには、SEOが必須となる。
どれだけお客様をサイトに呼び込めるか。
どうやって定期的に利用してもらえるようにするか。
商売が成功するかどうかのデッドラインがここにある。
本書は280ページもあり分厚く、SEOのためにはこんなにやるべきことがあるのかとひるんだ。
読んでみると存外簡単な内容であった。
この書の内容の全体の2分の1は、「国語」の問題だと思われる。



要点の整理した文章を書きなさい。
1パラグラフでの論点は一つに絞りなさい。
1ページでの主張は一つに絞りなさい。
重要なことから順に、短い文で記述しなさい。
サイトのタイトルは、象徴的なものではなく、具体的なものを選びなさい。
客観的に理解しやすい合理的なリンクの構築をしなさい。
どんなお客さんを呼び込みたいのか、目的をはっきりさせなさい。
などなどと、いったこと。
論文を書くテクニックと、似ている感じだ。
全体の2分の1は、「国語」の問題だと先に述べたが、もう半分は、「算数」の問題かもしれない。

サイトに載せる、コンテンツのテキストの練り方と、サイトマップの組み立て方を重視した本である。
もしかしたら、WebでのSEOに特化した本ではないかもしれない。
人を呼び込むやり方はいろいろある。
分業してサイト構築を行うプロには向いていないかもしれない。
コンテンツを書く人と、サイトを作る人が、わかれていては実践できない内容が多く含まれている。
どんな読者を対象にしているのか、やや不審だ。
たぶん、「すべてのコンテンツとサイト構築を一人で行い、かつ商用を目的とした利用を行う人」向けか。
そんな人はあまりいない。

しかし、サイトで小説・評論を発表したい人には、案外良いかもしれない。
小説・評論を、Web上で読ませるコンテンツとなすことは至難の業である。
この場合、サイト訪問者に読ませる文章を勉強することが、重要なのだろう。
本書はとても論理的な推理ゲームのような思考が取られていて面白い。
ネット上にある既存のサイトでも、さくさくと読めて、面白い文章を載せたものなどろくにない。
校正もろくにおなされていない、ダメダメなものばかり。
閲覧者に興味を持って「読ませる」サイトの模索は、今後の課題として残されている。
サイト構築においては、「国語」と「算数」の合体した、「新しい文章」が必要とされていそうである。

にほんブログ村 本ブログへ←ブログランキング参加中。クリックできまい☆
スポンサーサイト
出来立てのランキングサイトです。
是非ご利用下さい。
m(__)m
http://seorank.hi-hi.jp/
[ 2007/05/09 20:44 ] seorank [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。