「三田文学」2007・春夏秋 

三田文學 2007年 11月号 [雑誌]三田文學 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/10)
不明

商品詳細を見る

○No.91(秋季号)
座談会「昭和文学(戦後~昭和末年)ベストテン[小説篇]」秋山駿、井口時男、富岡幸一郎、田中和生

選ばれている作品は「必読書150」とそんなに変わらない
田中和生が、大庭みな子をむりやりごり押しして、戦後文学のベストテンに入れてしまったのが印象的
富岡幸一郎がめちゃくちゃ嫌がっていた
女の作家とか、入れなくていいよ、みたいな発言とかもあり、普通に失言じゃないか?
文壇って、ほんとにひどいところなんだな
女性文学って、確かに、似たようなものばっかでつまらないものが多いけど
田中が大庭の『浦島草』を押し込んだのは賛成できる
しかし、昭和文学なんて、ほとんどの人はもう読まないんじゃないか……?

○No.89(春季号)No.90(夏季号)
若松英輔「越知保夫とその時代――求道の文学」「須賀敦子の足跡[あしあと]異端者の信仰とその祈願」

三田文学新人賞評論部門受賞作と、その後の第一作を読んでみる
ぼくなどより、はるかに文章がうまいなと思う

しかしね
マルクス主義だキリスト教だ!
評論は宿命だ!
悪い意味で宗教がかっている、古臭い文学的文体

こんなノリでいいの?
越知保夫とか須賀敦子とか
読む意味あるのかな
日文科近現代って、学生のお金を多く使ってこういった雑誌を作っているのでしょ?
ほとんど、趣味的な感じがします
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。