「大航海No.64」 

2007年秋発刊の雑誌
この号は「近代日本の学者101」という特集
この手の学術教養商業誌としては、とても面白く読めました
と褒めようと思ったのですが、家でネット検索をかけてみて、この雑誌を見つけられないことに唖然とした
アマゾンに登録すらされていない
なんだこりゃ
売る気あるのか?
三浦雅士が編集長だということだが
「大航海」って、図書館に置いてあるのはよく見るが
Web上ではろくに露出していないようだが、ちゃんと売れているのか?
あるいは、どこかからの助成金メインで持っている雑誌なのか?
「大航海」で検索しても、「船」の方のネタでばかりヒットする
ネーミングセンス最悪だ

「学者の時代は終わったか」という村上陽一、樺山紘一、三浦雅士の対談がある
いやあ、学者になるのなんて無理だよねえ
と思わせられます
彼らの時代に比べて、学者志望者が3桁増えたらしい
3桁ってなんじゃ
大学院生は、ニート人口を増やしているというお話
ぎくり

日本で評価すべき学者は101人もいるのか?
とか、
あんな人もこんな人も入ってないじゃん(笑)
とか、
まあ、そんな楽しみ方もできる雑誌です
漠然と学者たちの名前と業績を眺めているだけでも、楽しめました
しかし、小谷野敦は、こういう雑誌の執筆に参加できるってすごいな
スポンサーサイト

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

[ 2007/11/09 00:01 ] みんな の プロフィール [ 編集 ]
>家でネット検索をかけてみて、この雑誌を見つけられないことに唖然とした

googleで「大航海 雑誌」で比較的出てきます。

>アマゾンに登録すらされていない

アマゾンは書籍中心で雑誌はあまり扱っていないと思います。
いま検索した所、週刊少年ジャンプもアマゾンで扱ってなさそうですし。
ジャンプスクエアと月刊ジャンプはありましたが。

雑誌専門書店としてはフジサン・ドット・シーオー・ドット・ジェーピー
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680116/
があります。
[ 2007/11/09 05:20 ] 木棚 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。