フーコー『真理とディスクール』 

真理とディスクール―パレーシア講義真理とディスクール―パレーシア講義
(2002/09)
ミシェル フーコー

商品詳細を見る


ギリシャ語の「パレーシア」について扱う
「真理を語る」という意味

ギシリャで「告白」が、どんな様態で存在したのかを論じたもの
キリスト教の神はおらず、テキトーなところのあるギリシャ的な神、アポロンなどがいる
ギリシャでは、また、「内面」が問題になるわけではない
民主主義制度において、道徳的な正義を個はどうが確保するか
といったことが関わる

もしも本書を使うとしたら、中村光夫―柄谷行人にある「告白」の問題と、関わらせつつ論じる作戦がありそう
でも、いまいち、フーコーの焦点ははっきりしていない気がする

・英語版はオンラインで読めるらしい
・最晩年のフーコーの講義
・「精神分析学への抵抗」も課題か?

○チェック
エウリピデスの六つの悲劇
ソポクレス『オイディプス王』
プラトン『国家』『ラケス』
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。