三島由紀夫『鹿鳴館』 

鹿鳴館 鹿鳴館
三島 由紀夫 (1984/12)
新潮社
この商品の詳細を見る


「3行以上書いてあるブログは読まれない」らしい。
そういうタイトルのスレッドを「2ちゃんねる」で見かけた。
なので、某さんの提唱する「4文散文」を書くことにする。
よんぶんなのか、さんぶんなのか、はたまたじょうだんはんぶんなのか、そのはんだんは読者に委ねよう。

何もないことに乾杯!というセリフが三島の『鹿鳴館』にある。
ぼくもそんな気の利いたことを言ってみたい。
しかし、三島がそのセリフを存在させるために、前後の文脈を描出する筆力は圧倒的である。
何もないことにうまく乾杯できないぼくらの世代に乾杯!

にほんブログ村 本ブログへ←ブログランキング参加中。クリックできまい☆
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。