佐々木俊尚『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』 

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
佐々木 俊尚 (2006/04)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

佐々木俊尚『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』を読んだ。
セールス、販売に関わる仕事の方、マスコミ系の方は最優先で目を通すべき書だ。
今後、ビジネスに取り組むなら、グーグル抜きにして社会構造の見通しは立ちえない。
インターネット広告が、テレビ・新聞・雑誌・ラジオの広告領域にどれだけ食いこみうるか。
グーグルは既存秩序を破壊する尖兵であり、Web業界の最大の利益獲得者である。


グーグルの何がすごいのか?
中心となるのは、「アドワーズ機能」である。
検索機能を利用したキーワード広告は、零細事業主とマイナーな顧客を直接に結びつける。
地方の中小業者や個人の事業主も、顧客に向けてドンピシャリな広告を打てるようになった。
広告費用の設定に融通が効き、紙も印刷の手間もいらない。
新聞社の折込広告に近いものであり、これに代替するものとなりうる。
また、グーグルニュースの挑戦もあり、紙面の配布を前提とした新聞社の獲得権益は、掘り崩されうる。
グーグルニュースは各新聞社のニュースを自動的に編集し、リンクを張る。
すべての新聞社の記事を集合させた、新しい、新聞的な紙面。
これは、新聞社間の競争原理の活発化と、オンラインでの閲覧の増加を招くかもしれない。

近代資本主義制度において。
周りのみんながすることを、ぼくもする。
みんなが買うものをぼくも買う。
それが生産と消費の類型的な構造であった。
消費行動を導くものが、大衆消費社会での中心的権力を握りうる。
テレビはオピニオンリーダーである。
テレビ、新聞、雑誌、ラジオは、生産者と消費者の間での情報の交換を司る。
グーグルはここに切り込んで来た。
中小企業や個人事業主によるアドワーズ広告の利用は、マスコミ四媒体に打ち込まれる無数の楔となりうる。
Webの世界には、古い曲や古い書籍、古い文章が厖大にうずもれている。
そこでは、時間と空間が無化されている。
しかし、Webはニッチな価値を掘り起こす。
古い曲や地理的に離れた人々や商品やコンテンツを、流通媒介なしに直結させてしまう。
売れるはずがない。
そのように見なされていたコンテンツに商品に、陽を当てうる。
小規模ではあっても細々とした確実な消費の見込まれる、コミュニティを作り出しうる。
もしかしたら、資本主義における「進歩」を阻むものともなりうる。
大衆のテレビへの注意の集中が解かれれば、古いコンテンツに耽溺するものも生ずるかもしれない。
この場合、新たなコンテンツ生産の弊害ともなりうる。

Web業界は書籍、雑誌、新聞の経済領域をどの程度侵犯しうるのか。
資本主義システムは、どこに向おうとしているのか。
そんなことを考えさせてくれる良書である。

にほんブログ村 本ブログへ←ブログランキング参加中。クリックできまい☆
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。