2007年の反省 

さる左翼の運動家は、内ゲバ戦争を越えてののち、運動体を離脱
田舎に帰還して、毎日釣りをやっていたと聞きます
非日常的な殺し合いのあとで、失調した精神が回復してくるまで、ぼんやりすることが必要だったらしいのです
ぼくにとっての今年は、河辺で釣りをたれているような一年でした
グダグダ
無意味な毎日
何年間かかけての、疲れがたまっていたかもしれません

今年の春先まで
去年と一昨年、先一昨年の三年間は、自分は、かなり変だったと思います
至近距離でのデスゲーム的な殴り合い
カッカと頭に血が昇っていていて、周囲が見渡せなくなっていました
手元が不如意になり、コントロール不能でした

闘う対象がある
そういう環境でないと、勉強をする気持ちが持続しない
それも、不自然なことですね
冷静になること
ちょっとずつでも歩くことを意識して、精神を整えていきたいです

身体性に、文学性を感じます
身体を張って表現活動を行うことは、面白いことです

今年は、いろいろな変な人に会えて良かったです
来年はもうちょっと普通になりたい
もうちょっと社会の全体を見渡せればと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。