大討論 高橋源一郎×田中和生×東浩紀 

新潮 2008年 02月号 [雑誌]新潮 2008年 02月号 [雑誌]
(2008/01/07)
不明

商品詳細を見る

◎「新潮 2008年 02月号」「[大討論]高橋源一郎+田中和生+東浩紀-「小説と評論の環境問題」」を読む

○内容

・熾烈な論争を繰り広げていた高橋と田中を対面させてしまうという企画
しかもそこに、「キャラクターズ」で物議をかもした東浩紀も呼んでしまう
これは、期待が盛り上がる

高橋田中論争の発端は、「小説のことは小説家にしかわからない」という高橋の発言にあった
しかし、東が乱入することで、高橋源一郎(小説家) VS 田中和生(評論家)の構図が、一挙に崩れる
東が、評論家でありながらも私小説家的な身振りでもってライトノベル論に基づきつつ小説を書き、それを文芸誌に載せたからである

・東は高橋に応対する

「僕は、裏返して言えば、評論もまた評論家にしかわからないと思っている」

この一言が言えるのは、評論家として自立できている東の強み
自分の評論によほどの自信なり、社会的評価なりがないと言えない

○「キャラクター」概念は疑わしい

・東「僕にとって、評論を書くことは、あるときから、キャラクター・東浩紀をどう演出するかという感覚にとても近くなってしまった」

「キャラクター小説と私小説のちがいを最もシンプルに言うと、キャラクター小説は、テクストの向こう側に、作者だけではなくキャラクターのデータベースがある。だから物語と関係なく特定の人格を呼び出せる。」

キャラクターとかデータベースとか、目新しい言葉を使って煙に巻こうとしているが、このあたりは、詐術だと疑われる部分
在原業平や小野小町だって、キャラクターだ、と
日本民話における「狐」とか「一寸法師」とか「桃太郎」だってキャラクターだろう

○「評論」とは何か

・東「もともと僕は、評論の起源に関心がある。その作業をさらに先に進めるために、評論家が行なっていることを私小説のかたちに偽装してみた。」

このアイディアは、デリダにおける文学的な側面を実践しているものだろう

・田中「僕としては、東さんがおっしゃるように評論が自立して成立するかどうかというのは問題ではなく、評論という道具を使うことでいかに文学に触れるのかという考え方が重要です。」

田中にとって、「評論」とは「道具」である
しかし、東にとって、「評論」はそれ自体が「文学」なのであろう
私は、この論点では東を支持する

○田中による東「キャラクターズ」批判

・田中「僕は文学作品を読む際に、そうはなれないと知りつつ、文脈を共有していない無垢な読者、先入観のない読者という目を持ちたいと思って読みます。そうすると、東さんのこの小説には文学についての現代的な思考がありますが、しかし小説としての本質を求めていって、どこかでそれだけを取り逃したのではないかという感じを受けました。」

「僕が「キャラクターズ」を読んでいちばん知りたかったのは、東さんが言うキャラクターと、東さんが考えているキャラクター文学の関係性が、「キャラクターズ」に十全に反映されているのかという点です。」

・田中は、「オーソドックスな自然主義の枠組み」の内部に、東の「キャラクターズ」はあるのではないかと指摘している

「大正や昭和初期の私小説作家は、間違いなく文壇ゴシップを自分でも耳にしながら、書けない作家を自分で演じつつその上で小説を書いていた」

・東浩紀が、自身を「キャラクター」として自己演出することは、単に、私小説の方法ではないのか
そして、「キャラクターズ」は、文壇事情や、東について知らない読者には理解できない小説ではないか?
この場合、オタクにしかわからない、「失敗したタイプの私小説」とみなされうることになる
この点では、田中の言うことに理がありそうである

○ライトノベル

田中「ライトノベルと対比した時点で、どんな作家でも入ってしまう自然主義的リアリズムという言い方の、あまりに大雑把なところが気になるんです。」

東「そんなことを言ったら、「ライトノベル」という言い方も大雑把ですよ。」

東は、デリダというハイソな文学と、ライトノベル・携帯小説といったジャンクな文学
二つの周縁的な「文芸」を持ち上げる
そうすることで、アカデミックな文学概念と、文芸誌における純文学を、まとめて挟撃にしている
この攻撃的な身振りそれ自体が、「文学的」なものとして、若い読者を喜ばせるものとなっている

○感想

高橋は、変人耐性があり、東を面白がっているよう
田中は、東の思考の飛躍を持て余し気味

◎チェック

赤木智弘『若者を見殺しにする国』

○田中和生VS笙野頼子論争

So-net blog:郷士主義!:「三田文学」2008年冬季号

・『群像』二〇〇七年十一月号 笙野頼子「さあ三部作完結だ! 二次元評論またいで進めっ! @SFWJ2007」

・『文藝』二〇〇七年冬号 笙野頼子 「近況という名の、真っ黒なファイル」
蓮実重彦「書けない理由」

・「群像」二〇〇六年新年号 笙野頼子『だいにっほん、おんたこめいわく史』

・「群像」二〇〇六年二月号

・笙野頼子『絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男』

So-net blog:郷士主義!:いまさらですが……

・「群像」二〇〇七年十月号 田中和生「フェミニズムを越えて」

・「群像」二〇〇七年十一月号 笙野頼子「二次元評論またいで進めっ!」

・「三田文学」2008年冬季号
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。