赤木智弘『若者を見殺しにする国』 

若者を見殺しにする国―私を戦争に向かわせるものは何か若者を見殺しにする国―私を戦争に向かわせるものは何か
(2007/10/25)
赤木 智弘

商品詳細を見る

○amazonにおける本書の紹介

・「「『丸山眞男』をひっぱたきたい----31歳、フリーター。希望は、戦争。」
赤木智弘の衝撃的な論考が、月刊誌「論座」2007月1月号に掲載された。 」

・「見殺しにされている団塊ジュニア世代の自分が、人間としての尊厳を得るためには、まず国民全体に「見殺しの罪」を直視させなければならない。」

・「ひっそりと「声を押し殺して生きる若者」たち。その当事者のひとりが声をあげた。
その声が、行き詰まる若者の姿を、私たちの目に見えるようにした功績は大きい。」

○「東浩紀の渦状言論: シンポに向けてのメモ2

東浩紀が「思想地図」のシンポのために用意したメモで、赤木氏について考察していた
現状分析のまとめ方がうまい

・「ぼくの考えでは、赤木氏の議論の根幹には、「左翼は弱者を救済するというが、本当の弱者は弱者として定義すらされていないという左翼的な定義を拡張するならば、おれたちのように弱者だと言われてこなかった連中こそ本当の弱者なんだから、いますぐ女性でも外国人でも障害者でもない中年男性フリーターに注目しろ」的な論理のアクロバットがあり、おそらくはそれが一部の男性読者のルサンチマンに受けたのだと思う。」

赤木は新しいPCのやり方を開発した、というわけだ

○本書の内容

A 年収がすごく高い富裕層
B 年収が普通の正社員
C 年収がすごく少ないフリーター

BとCの立場を入れ替えるために戦争を行おうという話のよう
そうすれば、赤木は、丸山にあたる人物を、軍隊内部でひっぱたけるのだって
でも、敵国の存在を考えていないことなど、むちゃくちゃである
現代の戦争においては、赤木の考えているような展開にはならないだろう

軍隊内部では、国民の平等が実践されていた、という論はしばしばみかける
しかし、大西巨人の『神聖喜劇』では、これが反論されている
大西の指摘によれば、社会的な身分の高いものが、貧しいものを差別する構図は、軍においても、保存されているとのこと

○釣り

「丸山をひっぱたく」とか「戦争をしたい」と赤木はいっているが、このひとは直接丸山を読んだこともないし、戦時中の日本がどうだったかの資料も集めていない
世間の顰蹙を買うことで注目を集めようという、「釣り」なんじゃないかと思えてしまう
ただ、寄せられた反論に対する再反論はしたたか
団塊ジュニア世代の下層フリーターをとりまく社会状況の情報をまとめていて、同世代間での共感を誘おうという作戦に見える

・若者は馬鹿だね、みたいな「俗流若者論」に対して批判をしている章もある。「青少年の凶悪犯罪が増えている」「オタクバッシング」「ゲームばかりやると頭が悪くなる」といった論に対し、データをあげて、反駁しているくだりには説得力がある

・「私は主夫になりたい!」とも赤木は主張し、これも異様
低収入の女性以上に、低収入の男性は立場が悲惨なのだとごねている
結構、細かに論を積み立てようとしているが、一文一文を検討していけば、そうとう問題も多そうである
赤木の論はほとんどブラックジョークだろう
もちろん、フェミニズム自体も、変な思想に陥っていることが多々あるだろうし、それに対するアンチテーゼを出しているのだろう

・ひがみが強すぎないか? 「かまってちゃん」なのじゃないか? と疑われる。「隣の芝生は青い」みたいな感じ。正社員がうらやましいとか、団塊の世代だけが得をしやがって、といった恨み節である。しかし、正社員だって大変だろうに。あるいは、赤木は栃木在住なので、東京などよりも職にまつわるトラブルが大きいのだろうか?

・左翼を批判している。左翼を自称しているくだりもあるのが、不審である

・おれを左翼運動に誘いたいなら、給料をくれ、とか言っている。その気持は必ずしも分からなくはない

・「戦争をやめさせたいなら金をくれ」と訴える。そこまでくるとほとんどギャグだろう

・自分の生きている範囲を「悲惨なもの」にしたてあげ、遠くにある「悲惨」とされていたもの、「戦争」や「女性差別」などを、自己と等価なものへと引きずり落としている

・国際的、歴史的観点をすべて無化し、「ゴーマニズム」の「宣言」をなす

赤木は、リバタリアンではまったくない
新自由主義的な格差社会は否定している
ナショナリストらしい、伝統への倫理感というものもなさそう
社会福祉政策を否定しているくだりもある
国際的な視野もない

思想の方向性がいまいち理解できない

○「『絶望男』出版記念イベント」(「深夜のシマネコBlog - 鶏口となるも牛後となるなかれ」)で、雨宮処凛、白井勝美、月乃光司、杉田俊介などと組んでいるみたい

すごいパーティーですね
スポンサーサイト

すいません、右下の奴で
ブラウザ操作に不具合が
でてしまいます。
違うPCでアクセスしても同じ
でした
[ 2008/02/16 18:28 ] 名なしという名 [ 編集 ]
ええっ
どういうことです?
[ 2008/02/16 19:08 ] 松平 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。