安部公房『他人の顔』 


公房の一九六四年単行本初版の作品。
顔面にケロイド瘢痕を受けた男が、プラスチック製の仮面を作り、「他人の顔」を獲得して妻を誘惑するが、二人の信頼関係は破綻し、悲劇に至る。
ある種の身体障害者が扱われた小説であるが、私はこの小説を読み、三島由紀夫について思い浮かべた。


三島の『金閣寺』(一九五六)の主人公は「どもり」である。
彼は、吃音という障害を負い、他者への強い劣等感を抱える。
自己の中にある他者へのコンプレックス。
醜い自分と、美しいものとの対比。
自分が醜いという認識ゆえに一層、「金閣寺」は主人公の目に美しく映える。
彼は「悪」へと遁走する。

公房の『他人の顔』でも主人公は、自己の顔への劣等感により、他人や妻への不信感を募らせる。
この主人公は共同体からはじき出されたアウトサイダーである。
そして、公房の凄さは、加害と被害を反転させる視点にある。
公房流の逆説的な警句は各所にちりばめられているが、秀逸なのはたとえば次のような記述だ。
「フランケンシュタインの怪物のことを書いた小説は面白い。
ふつう、怪物が皿を割れば、それは怪物の破壊本能のせいにされがちなものだが、この作者は逆に、その皿に割れやすい性質があったためだと解釈しているのである。
怪物としては、ただ孤独を埋めようと望んだだけだったのに、犠牲者の脆さが、やむなく彼を加害者に仕立て上げたというわけだ。」
この書で展開されているのはある種の――語義矛盾かもしれないが――「普遍的な」「マイノリティ」論である。
そしてまた、次のような記述である。
「痴漢は、自分の欲望に、苦痛と悔恨の涙をそそがなければならない」
「痴漢とは、おおむね、いったん謎を自覚した以上、どんな犠牲をはらってでも解かずにはいられない、律義者の探求者のことなのだ。」
自己と他者との適正な距離とは、成長の過程で獲得されていくものであり、自明なものでも先天的なものでもない。
繰り返される経験の中で身体化される「禁止」である。
美は、自己と他の決して埋められぬ距離の「抑制」が生み出すものであり、この地点からこそセクシャリティがうみだされる。
作中で「妻」は次のように書く。
「愛というものは、互いに仮面を剥がしっこすることで、そのためにも、愛する者のために、仮面をかぶる努力をしなければならない」。
この言葉は、三島の『仮面の告白』(一九四九)への公房による応答であり、批評ではないのか。
公房の文体は三島のものほど美しくはないが、公房の抽象力と論理的思索力は三島を凌駕する。
そして私たちは、私たちの有する劣等感を払いのけて、表面的な美や、悲劇に、埋没しない道を探っていく必要があるのだろう。
にほんブログ村 本ブログへ←ブログランキング参加中。クリックできまい☆
スポンサーサイト
当時安部公房の著作は新潮社から連続して出版された。「砂の女」の次に出版されたのがこの「他人の顔」で、さらに「燃えつきた地図」へと続く。これら三作品がすべて映画化されたことも60年代を語るうえで欠かせないことである。評者は「他人の顔」のみを取り上げているが、三部作としての視点から読み解いていただきたかった。また小説ではないが、戯曲「友達」にも言及していただきたかった。
[ 2007/04/22 23:54 ] もんきち [ 編集 ]
>もんきちさん
映画版の『砂の女』は評判がいいと聞きました。
三作品とも映画化されているのですか。
『燃えつきた地図』なんて、ストーリーが入り組んでいて、映像にするのも大変でしょう。
『砂の女』一つを論じるだけでも大仕事ですね。
「友達」もいい作品だと思います。
[ 2007/04/23 01:17 ] 松平耕一 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。