「屋島」観覧 

新編日本古典文学全集 (58) 謡曲集 (1)新編日本古典文学全集 (58) 謡曲集 (1)
(1997/04)
不明

商品詳細を見る

2008年3月、浅見真州さんの能、「屋島」を観覧してきた
内容について云々したかったのだが、なにぶんにも能を観るのが初めて
ギリシャ神話と能、コロスと地謡の比較とか
能における「キャラクター」の表われ方は、近代小説とどのように異なるのか
等々といったことに興味がありました
浅見さん特有のお能の演出法も、勉強できれば良かったのですけれども

そんな理想的な地点には到底至らず、頭のなかに、たくさんのクエスチョンマークが飛び交っていた松平でございました
というのも、使われている言葉が、日本語であるにも関わらず、聞きとれなかったことが原因です
我ながら情けなくはございますが
「能」というものの、日本近代文学との差異や、同質性について、比較してみたかったですが、今後の課題である
「これが狂言か」とか「ここで場面が展開したのね」とか「ここらへんで盛り上がっているようだぞ」とか
おおよその枠組みを見てとるていどのことしかできなかった
はい
いきなり観て理解できるようなものじゃないですね
何でもそうだと思うけれども
たとえば、ビールやコーヒーなんかの味も、一発で解るようなものじゃないし
萌え漫画・萌えアニメを観て、生まれて初めてそれを体感し、いきなり萌えることなんかできないように
能の萌えポイントは、ある程度続けて観覧していかなきゃ解らなそう

でも、体の動かし方とか、音楽の盛り上げ方とか、独特の言い回しとか、そういうものの連鎖で、特有のアートをやっているのだなー、とは体感できました

能を観覧する場合、私のような素人は、あらかじめ、その演目の現代語訳を読んでいったほうがいいですね

んで、おうちに帰ってから、小学館の「日本古典文学全集」「謡曲集1」で、「八島」(屋島)をチェックしてみました
面白いです
……フツーにいい話じゃん

旅僧が西国への修行に赴き、八島の浦で一夜の宿を請う
漁師の老人のところにとめてもらう
近くにいた住人に、八島の合戦について質問すると、那須の与一が扇の的を射た話を、身振りを交えて語ってくれた
さらに、旅僧が出会った老人が、実は義経の幽霊であったことが分かり、夢に出てくる
義経は「弓流し」のエピソードを明かす
そういうストーリー

老人は、何者かと聞かれたところ、「たとひ名のらずとも名のるとも、よし常の憂き世の、夢ばし覚まし給ふなよ」と答える
「よし常」
すなわち、「義経」と、「常の憂き世の」という、謎の掛け言葉により水面下で自己の身分を明かす
俗と聖の間を、日常世界を、不安定なままに揺さぶる言語的なトリック

修行の巡礼をおこなう僧と、英雄武将の幽霊の取り合わせ

死よりも栄誉をとり、しかし、いまだに成仏せず、その海にただよう義経の執念

八島の浦の自然ののどかな光景を、かつてそこであった、修羅の戦時のイメージとオーバーラップさせながら二重に浮かび上がらせるラスト、などなど

構造的なことを検討していくと、面白い仕掛けがいろいろとありそう
そうとうな技量でもって描かれた、彼岸と此岸の交錯する世界だ
死と生の境を夢幻的に浮かび上がらせている

ところで、義経は、海に誤って落とした弓を、敵に殺される危険を冒してまで、無理やり回収するのである
義経は、弓を惜しんだのではないとまっすぐに言う
武勇のあげる以前に、弓を敵に取られてしまって、馬鹿にされてしまうのは無念なことだ
弓を取ろうとして、そのために討たれたとしたら、それはそれで仕方がない
「死」よりも「栄誉」を取るのだ
武士たる者の名は末代まで残るから、当然の行為だ
と弁じる場面は感動的だ

でも、翻って私たちの世界では
現在の日本の状況においては、死よりも名誉を取るという行為が、「かっこいいもの」であるというふうに、つながるものなのだろうか
義経は「歴史」のなかを、歴史を動かす人物として登場している
だからこそ、「死」よりも「栄誉」を取ることが、クールなことかもしれない
「歴史」なきところには、「名誉」もまた、存在しないのかもしれない
現代社会には「歴史」はあるのか
そんなことが、私は気になったりする

それだけに、義経の亡霊がいまだ海をさまよっていることの持つ暗示も、心を打つのである
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。