出版社と文系大学は社会にとって不要である 

Webには、良質なテクストがあふれている
ネットの世界におけるこれらのコンテンツは、その一定程度を、紙媒体へと落とし、活字化することに意義があるだろう
今後、自費出版・同人出版が全面化していくはずだ
そのとき、出版社は、製本業以外にやるべき仕事があるのか

出版社、および文系大学は、すでに社会にとって不要なのである

私たちマルチチュードは、この流れを活性化させなければならない
出版社や文系大学がかすめとっている利潤
盗み取っている上前を、民衆の手に取り戻さなければならない
この文学運動は、私たちマルチチュードのなした新たな革命として、世界史のなかに燦然ときらめくことだろう
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。