現前と存在 

私は、何かしらの像が内面に貼りついて、固着してしまうことが多い

子供用玩具である、マジックメモのボード
上から字が書けて、レバーを操作するとその字が消せるというやつ
書いた字が短期的記憶
しかし、ボードの下には長期的な記憶が残存する
人間には短期的記憶と長期的記憶がある
認識にとって現前しているものは、短期的記憶に入れられる
現前しているものへの記憶は持続せず、短い間で経験を、括弧の中に入れて消されてしまう
そうすることで、人間は、変化していく状況をその瞬間その瞬間で、認識することができる
時間の流れの中で、対象を認識していくことができる
現前しているものへの記憶は、すぐに忘れられちゃうけれども、無意識のなかには、その記憶は保存されている

社会というのは、現前ありきで構成される
しかし、活字の世界というのは、それとはちょっと違うわけですね
Web世界のデータベースというものも、どちらかというと、無意識の空間に近い

流行なり、ポップカルチャー的なものというのは、どんどんと押し寄せ、押し流していく河のながれみたいなもの
あるいは、巨大な波のようなもの
激しくうずまく波の上に乗り続けることができるか
それができるのが、スターなのでしょう
サーフィンがうまいのがアーティストなのでしょう
瞬間瞬間の瞬発力で、おしよせる情報をさばいていく
かっちょええな
まぶしいな

一方、研究者的な視点というものは、ある瞬間をとらえて、その固着したものへの分析をなすことにある

人間、普通が一番だよねーと思う
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。