松本哉『貧乏人の逆襲! タダで生きる方法』 

貧乏人の逆襲!―タダで生きる方法貧乏人の逆襲!―タダで生きる方法
(2008/06)
松本 哉

商品詳細を見る

2008年6月19日
松本哉さんが『貧乏人の逆襲! タダで生きる方法』の出版記念イベントを、下北沢の路上で行なうというので見学に行った
この本は松本さんの処女作で、サブタイトルの通り、お金を使わずに生きていく方法と、松本さんがこれまでなした活動をまとめているエッセイだ
読者はこの本から、資本の運動へのアイロニカルな価値観を学ぶことができる
人間は、誰しもお金を欲しがってしまうものである
あなたが、何らかの商品を購入したいと願うとする
その場合、あなたはどうして、それを欲しいと感じたのか?
その商品を知ったのはどうしてか?
おそらく、周りの人間からえられる口コミや、テレビなどのマスコミその他で目にした広告などによってだろう
人々は、ある商品に価値があるという観念を、宣伝の力によって刷りこまれる
資本の運動から吐き出される広告は、特定の商品へのフェティシズムを人々に植え込み、洗脳する
買い物と労働を繰り返す、ステキな人生
生産と消費のコマネズミ生活を送り続けるのが、「大きな物語」崩壊後の私たちの生の実相である
なるほど
良いものがあること、おいしいものがあること、楽しいことがあること
資本の運動の先端に「美」の中枢があることは、確かなことだ
美的な感受性に優れてあることは、社会的であるために必要だ
しかし、自分が低収入であることを嘆き、他人を羨み、「美」から切り離されてあることに、むやみに苛立つ若い人を見かけると、ぼくは素直に同情できない
資本の運動から離れて、生成消滅する商品の渦巻きから逃れ出つつ、楽しく生活する方法もある
松本さんはそのやり方を、徹底的に具体的に実践して、わかりやすく示してくれる

松本さんとお酒を飲む機会があった
ぼくは遅れて到着したのだが、ちょっと高めのお店で宴会していた
あれ、松本さんのイメージと違うなと感じた
深夜遅くなり、各人三々五々に会話し始めたときである
松本さんは挨拶せずに、不意に飲み屋を抜け出してしまった
皆の注意が逸れた隙を狙って、お金を払わずに飲み会から帰る
もしかしたら、そんな生き方もありうるものかもしれない
松本さんは、ニーチェ的でもあり、また、水商売の人のようでもある
人と人を結びつけることで、ゼロ記号となって生きていくのだろう
そして同時に、商品へのフェティシズムを一切持たないことによる、彼固有のアートを魅せてくれるのである


s-20080708.jpg
スポンサーサイト
[ 2008/07/18 07:16 ] 木棚環樹 [ 編集 ]
[ 2008/07/18 07:29 ] 木棚環樹 [ 編集 ]
[ 2008/07/18 07:35 ] 木棚環樹 [ 編集 ]
だめ連公式HP
http://www.ne.jp/asahi/r/s/dameren/
神長恒一BLOG
http://d.hatena.ne.jp/kaminaga/
ラジオ・フリーダム
http://www.voiceblog.jp/freedom/
だめ連の働かないで生きるには?
http://www.amazon.co.jp/dp/4480863273
[ 2008/07/18 07:46 ] 木棚環樹 [ 編集 ]
[ 2008/07/18 08:05 ] 木棚環樹 [ 編集 ]
[ 2008/07/18 08:09 ] 木棚環樹 [ 編集 ]
[ 2008/07/18 08:22 ] 木棚環樹 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。