『PLANETS Vol.03』 

宇野常寛ら、第二次惑星開発委員会編『PLANETS Vol.03』(2007)

Amazonで検索をしたが出てこなかった
「同人誌」であるがゆえに、Amazonでの販売がなされていないのか?
ぜひ、それをやってほしい
それだけの価値がある雑誌

ゼロ年代にどんな物語が商品として出回り、どんな層に消費されているのか
そのカタログを見通し良く並べる
現在提出されている各種の消費文化をマッピングして交通整理
頭がスッキリスッキリ
とてもいい雑誌

誤字の多いところ、一部ライターの実力不足、宇野さんの発言に繰り返しの多いところはちょっと気になるけれども

宇野さんは、ゼロ年代は「「決断主義」の時代」だとし、『デス・ノート』風のバトルロワイヤル的な物語を、現在の社会の状況をよく代表しているものと評価
東さんの「セカイ系」(=エヴァ・ハルヒ・Air)擁護論を、時代遅れのものと論じている

一つ気をつけておきたいことは、「決断主義」とか「セカイ系」というのは、個人的な精神状態が起点になっているものだということ
この書に現れている「決断主義」と「セカイ系」との概念的な対立は、次のように暴力的に単純化できるのではないかとぼくは考えている

簡単に言うと「セカイ系」というのは「鬱」の状態なんじゃないかと
「祭りのあと」

「決断主義」というのは「躁」の状態なんじゃないかと
「祭りのさなか」

この二つは、各個人の私的な領域に二つながら同時にある
そして、バイオリズムの変化により、あるときは片方に、あるときは別の方にと移動する
ある一つの物語やある一人の人間の精神状態が、社会の状況を代表しうるということが、ありうることなのか、ありえないことなのか?
ある時代のある空間において、そのコミュニティ全体が、「躁的なもの」「鬱的なもの」の、特にどちらかに偏る、という振幅は確かにある
これらのことはすべて、社会批評をやるときに注意しておかなければならない
昔からよくあるトリックなので、うまく腑わけしつつ、丁寧に分析していく必要がありそう

○チェック
「忘却の旋律」
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。