昼間たかしと『おやすみアンモナイト』について語る! 

すでに告知している『おやすみアンモナイト』についてのニコ生ですが、なんと本作の脚本を書かれている昼間たかし氏にお越しいただけるということが確定しました!

渋谷ユーロスペースにて上映中の『おやすみアンモナイト』について、そして、著述家の昼間たかしについて語る番組を行います
2010年2月9日(火)22時30分に、イベントスペースあかねにて開始いたします
出演:昼間たかし、松平耕一、中川康雄、sk-44



当日は、ブログ論壇を中心に話題になっている表現規制論争についても触れたいと思っています

私も先日『おやすみアンモナイト』を観てきました
本作は、結論から言いますと、かわいい女の子たちがたくさん出ていて楽しい映画です
貧乏な女の子がいじめられる情景を見ていると萌えてしまうという殿方におすすめかもしれません
映画は「貧乏人抹殺篇」と「貧乏人逆襲篇」の二つのパートにわかれます
「貧乏人抹殺篇」はクラブのホステスの世界に入っていく劇団員の女の子の話です
「貧乏人逆襲篇」は、貧乏生活をポップに楽しむ青年男性の話です
二つのドラマは互いに無関係に続けられます
しかし、現代の貧乏な若者を包摂しようとする基調低音は全編にわたって響いています

さて、私の立場からすると、『おやすみアンモナイト』には複雑な心境を抱かざるをえない面もございました
映画の広告では、松本哉の主宰である「素人の乱」をモチーフとしているということです
けれども、松本哉を知る人からすれば賛同をえられるかどうか微妙なことでしょう
「貧乏人逆襲篇」の主人公、小日向のモデルとなった松本哉は本来怪物的な人物です
ですが、本作にあっては小日向以上に、水商売の世界や法制度のおどろおどろしさといった「大人の論理」が、強い存在感を放ちます
松本哉は、ゼロ年代におけるアナキズム運動のカリスマという側面を持ちますが、この映画においてはその点がカットされています
前衛的であることは、常に大衆性から乖離しがちですし、そこに現代のオルタナティブ運動のリミットが生じます
本作は松本哉論としては欠くるところがあります
けれども、政治的文脈には関係なく、多くの若者に見てもらいたい映画ではございます
大衆的なアプローチをしつつ、同時に、前衛性をマスカルチャーの中に組み込もうという良心が感じ取れるためです
政治と文学の一致へと取り組もうという姿勢が見いだせますし、このようなテーマの作品を世に出せたことは貴重でしょう
私たちは、多くの人に訴えかけられる良心的な物語を紡いでいく方法を模索していかなければいけないことと思います


なお、以下のようなイベントもあるということですので、ご興味ある方はいらっしゃってみるとよろしいでしょう

「おやすみアンモナイト」公開記念トーク開催決定!
「誰が呼んだか素人の乱 !!」
松本 哉(素人の乱) × 鈴木邦男(一水会顧問)

期待の『おやすみアンモナイト』公開記念トークショーが遂に開催決定。
主人公のモデル・松本 哉さんとのトークに駆けつけてくれる鈴木邦男さんは映
画観賞後「すぐさま高円寺の街を訪れて、その風景に新たな感激を覚えた」と話す。
そんな二人を中心に展開されるトークショー、これが新たな時代の夜明けだ!

【日時】 2月12日(金)映画上映後に怒濤の開催予定

【出演】 松本 哉 鈴木邦男 昼間たかし 増田俊樹監督
スポンサーサイト


まさかオ ナ ホをあんな風に使ってくるとは思って無かったぞ( ̄0 ̄)w

一日経ってもまだ下半身ヒクヒクしてるし(;´▽`A
[ 2010/02/07 02:31 ] キングダム [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。