【イベント】「社会人」を超えろ!ー「反社会人」世界市民法廷開催! 

【イベント】「社会人」を超えろ!ー「反社会人」世界市民法廷開催!
※転載歓迎
○コンセプト 「社畜」になりたくないあなたのために、弁護士を交えて理想の労働のあり方をトークする!
○日時 12月8日(月)20時から
○場所 早稲田あかね 住所:新宿区西早稲田2-1-17酒井ビル1F
○料金 チャージ 200円+ワンドリンク
○出演 @noir_k、 @2tar、 @Nerd_Arthur、田村優介( @tamuraysk) 、松平耕一( @matudaira)
○ツイキャスによる生放送があります http://twitcasting.tv/matudaira/
○終了後は田村弁護士による無料労働相談も行ないます
○内容 労働の諸様態について考えたい。まず「社会人」というものがある。社会人は、優良企業に勤めるものから、労働条件の悪いものまで、ある幅においてある。その中には、ブラック企業の労働者も含まれる。あるいは、いわゆるブラック企業でなくとも、「社畜」と呼ばれる手段が目的化している労働者も少なくない。彼らは、日々身体と時間と生活を企業に搾取されており、私たちはこれにはなりたくない。以上のことから、「反社会人」という労働の態度が演繹的に導き出される。これはありうべき企業への勤め方であり、世界資本主義と世界帝国主義に抵抗する、世界市民の労働様態だ。私たちは「反社会人」の形成を目指し、「世界市民法廷」の開催を行なう。
法廷は一方において、労働者の代表として、「反社会人サークル」の労働者を招請する。彼らは文学フリマなどにて同人誌「ロウドウジン」の発行をなし、「反社会人」としての倫理的態度を積極的に実践してきている。
他方において、法廷は労働弁護士を招請する。弁護士は反社会人サークルの労働者諸氏に話を聞き、労働状況に違法性がないかどうか、正しく反社会人であると言えるかどうか、労働法の観点から診断を下す。この法廷の審議はネットにて公開生放送がなされる。
「反社会人サークル」は真の「反社会人」であると言えるかどうか、すべての観客は「「反社会人」世界市民法廷」の陪審員となって、皆さんの裁きを表明して欲しい!
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

松平耕一

Author:松平耕一
○twitter登録名:matudaira
○ツイッターまとめ:http://twilog.org/matudaira
○Facebook登録名:松平耕一

☆文芸空間社企画
◎批評放送
・批評放送は松平のプロデュースする動画配信企画です。ツイキャス http://twitcasting.tv/matudaira 、youtubeなどで配信されます
批評放送@USTREAM

○松平耕一・文芸空間社・批評放送へのカンパ振り込み先は
・三菱東京UFJ銀行の吉祥寺支店普通口座1896022 マツダイラ コウイチ 宛になります

管理者ページ

FC2カウンター
ツイッター@matudaira
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。